化粧水、アロエ配合とリコリス配合の比較

  • 化粧水、アロエ配合とリコリス配合の比較

    • 抗炎症作用のあるアロエエキスとリコリスエキスですが、比較すると抗炎症作用が強い植物はリコリスの方になります。

      保湿効果の比較をしても後者の植物の方が明らかに強いのです。しかし、アロエにも炎症を鎮める作用はあり、軽い火傷やニキビ、吹き出物、湿疹に有効です。

      また、皮膚を保護する作用がありますから、軽いニキビ跡を悪化させない様にする効果もあります。



      因みにアロエ化粧水に配合されている、その植物エキスは、原液でない限りは少ない傾向にあります。

      実はその植物は苦味成分も含んでいる為、刺激が少し気になる傾向にあり、外用する場合には、濃度が高いと逆に痒みが出でしまう可能性があります。


      ですから、化粧水に配合されている場合には、少なめがちょうど良いと判断も出来ます。



      しかし、あまりにも配合量が少ない化粧水も問題があるため、せめて化粧水量の10パーセントは配合してある方が良いのです。



      比較的に化粧品用のアロエ原液は少ないですが、原液を手にして希釈してから肌に塗布するやり方は、有効です。
      話はリコリスに戻りますが、ハーブにも該当する糖質を多く含んでいるリコリスは、グリチルリチン酸という特有成分を含んでおり、それが関与して抗炎症作用に働きかけます。しかも、即効性は天然にしてはある方ですから、火傷、湿疹、日焼け、ニキビに対して改善が確認出来ます。因みにグリチルリチン酸は美白作用もあり、使い続ける事によりメラニン色素を薄くしていきます。

  • 身に付けよう

    • 30代になると、肌の水分が足りなくなるので、乾燥してかさついた状態になりたくないなら、しっかりと保湿する必要があります。多くのメーカーから化粧水が出ていますが、比較してから選べば失敗しないので、まずはラベルをチェックし、どのような保湿成分が入っているかを調べるようにしてください。...

  • 美容の重要知識

    • 化粧水はたくさん流通しています。使用目的は保湿、皮膚の保護、エイジングケア、ニキビ解消、皮脂抑制、美白、シワや弛み改善、シミやそばかすの解決といった、目的の幅が広いのです。...

  • 美容の基本知識

    • 化粧水には女性ホルモン様作用のあるエキスが配合される場合があります。ひとつは大豆エキスですが、そのエキスには大豆イソフラボンという成分が含まれていて、化粧水には配合しやすく、水やその他の成分とも馴染みやすい液体となります。...

  • 美容の特徴紹介

    • 乾燥肌の化粧水選び、とても大変ですよね。乾燥肌は、いわゆる肌のバリア機能が衰え、スキンケアアイテムやメイクアイテムに過敏に反応してしまう事もあります。...

top